マース ボランティア プログラム(MVP) – キャリア | マース ジャパン
Mars Volunteer Program

マース ボランティア プログラム

世界に有益な違いをもたらすために

地域の学校でのお手伝いからアニマルシェルターや自然保護区でのボランティアまで、マースのアソシエイト(従業員)は、マース ボランティア プログラム(MVP)を通じて、何千時間もの時間をボランティア活動に費やしています。

マース ボランティア プログラムとは?

マース ボランティア プログラム(MVP)は、マースのビジネスの中心である地域社会や、マースが製品の原材料を調達してしている地域社会で、企業として、また、個人として、五原則をどのように実践しているかを示す取り組みです。この世界的なプログラムを通じて、マースの最大の資産であるアソシエイトたちは前向きなパワーを発揮しています。また、自らの時間と能力を使ってボランティア活動を企画し、ファンドレイジング、教育、実践的な活動を通じてボランティアを募って先導することで「Make the Difference(有益な違い)」をもたらしています。

マース ボランティア プログラムのハイライト

マースのアソシエイトがどのように「Make the Difference(有益な違い)」をもたらしているかをご覧ください。

事業を展開している地域社会での活動:

  • リグレー アメリカ(Wrigley Americas)のアソシエイトたちは、地域全体で20ものさまざまなボランティア活動に参加し、1,800時間以上を費やしています。2015年10月いっぱいかけて、草原の遊歩道の清掃、口腔ケアのキットの開発、家の塗装を通じて、地域社会をより幸せに、より健康に暮らして働ける場にしました。
  • 子どもたちが食べ物と栄養について学び、家で料理を作る楽しさを知るお手伝いをする目的で、英国の食品事業の80人のアソシエイトが地域の8つの学校でボランティア活動を行いました。300人を超える子どもたちがこのイベントに参加し、楽しみながら学び、情報を共有しました。子どもたちは、食べ物の旬、その育ち方、食品の栄養価とバランスの良い食事の関係について学びました。
  • マース チョコレートのアソシエイトは、ドイツのフィーアゼン(Viersen)にある老人ホームで植樹活動を行いました。この老人ホームで暮らす104人の住人はこの特別な日を心待ちにし、車いす対応のプランターを2台設置し、多くの住人が庭いじりや収穫に参加できるようにしました。また、花壇にさまざまな草木を植え、庭やバルコニーが色とりどりの草花であふれるようにしました。
  • ニュートロ社のスポンサーによって K9 Korral のボランティアグループは、テネシー州フランクリンにある198エーカー(約80万平米)の由緒ある馬牧場、The Park at Harlinsdale Farmで終日、ボランティア活動を行いました。アソシエイトは広大なパークを取り囲む白いフェンスを6時間かけて塗装し、ドッグパーク全体でダンプカー3台分の敷き藁を移動させました。
  • プエルトリコでは、マース®、ロイヤルカナン®、バンフィールド®動物病院のアソシエイトが、地元の地域社会に貢献するために力を合わせました。総勢20人のアソシエイトが、新しいケージをゼロから製作し、地元シェルターの区画の修繕、ペットフードの寄贈、そして、シェルターで暮らす犬や猫の世話を愛情を込めてするなど、五原則を実践しました。
  • オーストラリア・ウドンガ(Wodonga)の拠点で働くサプライ、工場、オフィスの250人以上のアソシエイトが、雨をものともしないガーデンニングスキルを再発見し、リード無しで遊べるドッグランの造園作業完成に向けてアルベリー・シティ・カウンシル(Albury City Council)を手伝いました。マースのボランティアたちは軍手、スコップ、手押し車を携え、樹木や灌木の植え付け、庭の花壇の根覆い、器具の設置などを半日間かけて行いました。
  • クロアチアのアソシエイトは、地域の学校の児童たちにリサイクルの重要性を教えることで、環境意識を高めました。「Litter Less(ゴミ削減)」デーの期間中にワークショップを開催し、埋め立てゴミと再生利用可能なゴミの違いを示しました。
  • 米国シカゴのリグレーのオフィスから50人近いアソシエイトが集まり、スキナー・パーク(Skinner Park)を、そこに訪れる地元の家族や学生たちにとってより美しい場所にしように力を合わせました。アソシエイトたちは1日がかりで草取り、根覆い、清掃、剪定、花壇作りを行いました。さらに、花粉媒介を行う訪花昆虫のためにポリネーターガーデンを作り、デモンストレーションガーデンに解説を設置しました。
  • • ランチョ・ドミンゲス(Rancho Dominguez)とサンタフェ(Santa Fe)にあるマース フードの拠点で働くアソシエイトたちが、近くのドミンゲス小学校(Dominguez Elementary School)の校庭を再生のために力を合わせました。1日かけてアスファルト舗装を大きな庭園に変えることによって、生徒たちは自分たちの食物がどこからきているか学べるようになります。
  • 中国広州市の火炉山森林公園は新鮮な空気を楽しめ、自然に親しめることから地元住民に非常に人気が高い場所です。中国のアソシエイトたちはボランティア活動の一環として、公園を訪れる人々が心から楽しめるようにゴミ集めを行いました。

原料を調達している地域社会での活動:

  • ヨーロッパ マルチセールス事業部のアソシエイトは、 Vision for Change プログラムの一環として、コートジボワールのカカオ農家のために資金集めをしました。集まった資金はすべてカカオ栽培コミュニティのためになるコミュニティプログラムに利用されています。また、今後、マース アンバサダーのグループがコートジボワールを訪れ、プロジェクトの完了を支援する予定です。
  • ドリンク事業部のマース アンバサダーたちはさまざまな活動で資金集めを行い、エルサルバドルのサンタアナ(Santa Ana)のコーヒー農家のコミュニティを訪れた際に地元孤児院に寄付しました。寄付金は孤児たちの生活環境改善に使われました。