マース マーケティングの基本原則 – マースがすべきこと | マース ジャパン
Marketing Principles

マーケティングの基本原則

「良いことをする」ことへの
コミットメント

マースは世界中の人々に愛される多くの有名ブランドを擁しています。この可能性と責任を真摯に受けとめ、マースのブランドが社会や環境に悪影響を与える方法で使われないように対策を講じています。これには、マーケティング、明瞭な情報提供、マースの製品とサービスの適正使用の促進での責任を伴います。

マースのマーケティングコードには、全ブランドの責任あるマーケティング担当者になるために、コミットメントの背後にある基本原則が詳しく記されています。また、マースのブランドを利用して人々に良い行いを促し、製品とサービスが創出するポジティブな影響を増幅させます。

有益な違いをもたらす「コーズマーケティング」

マースでは、毎年、何億人もの人々とコミュニケーションして、つながりを持ちます。これが、大切な人々に直接語りかけ、マースと共に人と地球のために有益な違いをもたらすことを呼びかけるための優れた基盤になっているのです。マースのブランドの多くは既に人と地球のために有益な違いをもたらす活動に熱心に取り組んでおり、皆さんの協力により拡大させ続けたいと思っています。

マースの製品に明瞭なラベル表示を行い、製品及びサービスを公平に示し、皆さんとの正直なコミュニケーションに努めています。また、業界での協力体制の構築や公約の作成(及び遵守)で主導的な役割を担っています。

これは大変な仕事ですが、熱意をもって取り組んでいます。人々が持続可能なブランドに関心を持ちながらも、それが購買行動に結びつかないことは多くの調査結果が物語っています。つまり、多くのコーズマーケティングのキャンペーンが短命だということであり、マースはこれを変えるための一助になりたいと思っています。

まず第一歩は、どのようなマーケティングが良い行いへの意識を高め、ブランド収益を向上させるか理解することです。これによってポジティブな違いを生み出す取り組みに絶え間なく大きな投資ができるようになります。マースではこれを「Doing-Good Marketing(良いことをするマーケティング)」として、マースのブランドを促進する既存のマーケティング活動と同等またはそれ以上の効果を上げることができるようにすることを目指しています。

これまでの成果

長年にわたって素晴らしいキャンペーンを展開してきましたが、道のりはまだ始まったばかりと言えるでしょう。成功したモデルについて詳細な調査を実施し、いくつかの主要マーケットでグローバルブランドが複数関与するパイロットプログラムを確立しました。

優れたデータに基づく長期的な展望で、それが達成できると考えています。その成果は永続的で拡張性のあるブランドの成長を確実にする成果重視の戦略となるでしょう。同時にマースの五原則を実現し、あらゆるステークホルダーとの互恵を生み出す持続可能な活動と良い行いを支援していきます。

長期的なビジョン

良い行いは、少ない結果に結びつくことを意味しません。最終目標はマース ブランドの大部分で Doing-Good Marketing プログラムを実施し、少なくとも旧来のマーケティング活動と同等の商業的効果を得ることです。

その一方、皆さんにマース製品を責任を持ってご利用いただくように求めています。これらのキャンペーンの良いことのひとつは、人や地球に悪影響及ぼすようなマース製品の使われ方を抑制できることです。マースのビジネスにとって非常に重要な分野である「責任ある廃棄」「ペットの飼育」「間食」にフォーカスしています。


マースは自らのブランドを利用して、消費者が人と地球にポジティブな違いをもたらす製品を選好するように後押ししています。