ペットのための栄養学

マースのペットケア事業では、“A Better World for Pets”(ペットのためのより良い世界)を理念に掲げ、一匹でも多くの幸せな犬猫を増やす活動を実施・サポートしています。 ペットフード開発においても、ペットの健康を第一に考え、それを事業の目的としています。
「ペットのための栄養学」では、大切な家族である犬や猫と幸せに過ごしていただくために、マースのウォルサム®研究所の研究成果に基づいた、「犬と猫の栄養学」の一端をご紹介します。
(各コンテンツは、マース ジャパン ニュースレター 『ペットのための栄養学入門(PDF)』より抜粋)



ペットのための栄養学①
水...最も必要な栄養素

第6の栄養素と言われる「水」は、実は、最も重要な栄養素でもあります。 続きを読む..

ペットのための栄養学②
肥満

ペットたちの肥満は、実は飼い主に責任があります。日頃から適切な食事で予防しましょう。 続きを読む..

ペットのための栄養学③
子犬と子猫の季節です!

急速な成長期において栄養学的にはどのようなサポートをすればよいのでしょうか? 続きを読む..

ペットのための栄養学④
子犬と子猫の大人への階段

子犬や子猫の時期に良質のたんぱく源を多く摂取するのがとても大切です。 続きを読む..

ペットのための栄養学⑤ 
正月太りはペットにも!?

ボディコンディションスコアを使ってペットの肥満度をチェック! 続きを読む..

下部尿路疾患は、毎日のおしっこを観察していると健康状況が分かると言われています。 続きを読む..

シニアペットにあたる年齢はいくつから?どのようなことに気を付けてケアすれば良いの? 続きを読む..

ペットによって抱えている悩みも様々。それぞれの注意すべき点をしっかり把握しましょう。 続きを読む..

「ドライ」と「ウェット」それぞれの特長をよく知り、「うちの子」の状態に適したフードを。 続きを読む..

イベントの多い冬は特に注意したい誤飲、誤食、食欲不振、そして水分不足。 続きを読む..

子猫、子犬に必要になる栄養素は? 成猫・成犬に与えるフードとの違いは?飼い主が続きを読む. 続きを読む..

最新記事